投稿日:

【必見】自作スマホケースは簡単に作れる!自作する方法とポイントを徹底解説

店頭では、様々なスマホケースが販売されていますが、皆さんはその売られている商品の中で自分の好みのものが見つからなかったことはありませんか。

そのような場合には、オリジナルのスマホケースを作ることがお勧めです。

自分好みのカラーやデザインにすることができるだけではなく、既製のスマホケースよりも愛着のあるスマホケースになるでしょう。

オリジナルスマホケースを自作するメリット

オリジナルスマホケースを自作するメリットは、お店では売っていない作品を作ることができる点です。

特に、お店で売っている既製品は多くの人からは支持されているデザインでも、一部の人にとっては納得のいかない場合もあります。

また、ある既製品が全体的に良かったとしても、カラーが違っていればよかったなどという場合も考えられます。

自分のしたいようにデザインすることで、細かい点の一つ一つに全て応えてくれます。

スマホケースを作成するという作業自体にもメリットがあるでしょう。

特に、作品を自分で作るとはいっても、ケースの形を測ったりという面倒なことはする必要がありません。

無地のケースを購入して、そこから自分の好きなデザインにペイントすることや、ビーズなどのアクセサリーを付け加えるなどのデザインをすることが主な作業なので、デザインをするという工程そのものを楽しみながら制作できます。

オリジナルスマホケースを自作する方法20選

それでは、実際にどのような作成方法があるかチェックしてみましょう。

今後作成する場合の参考にできる作品が以下に挙げていく20種類の作成例の中にあるかもしれません。

お気に入りの写真

皆さんのお気に入りの写真をスマホケースに印刷することで、友達に写真をいつでも見せることができます。

スマホは外出時に持ち歩く場合も多いので、アルバムを見せることができない時にはスマホケースに印刷された写真を見せて共有できますね。

無地のスマホケースを複数用意しておくことで、お気に入りの写真を複数印刷し、その日の気分にあった写真が印刷されたスマホケースを使用することもできるでしょう。

好きなアイドルの画像

好きなアイドルをスマホケースにするのも、アイドルのライブなどに行く際には一緒に持っていくことで気分も上がるでしょう。

日常生活で使う場合もこれならやる気を起こすことができるかもしれませんね。

おしゃれな紙

紙を素材にすることもできます。

特に、写真のように透明なケースをバックに切り紙にように紙を配置していくといい感じの作品に仕上げることができます。

風船

風船は他の素材には出せないような色合いを出すことができ、シンプルなのにゴムでできているからか、主張の強い作品に仕上げることもできます。

お菓子の箱

お菓子の箱は、使えなさそうに見えて細かいデザインが集まると予想以上に素晴らしい作品になります。

特に小さなパッケージに書かれたイラストを使うことで、一つのきれいな作品に仕上げることができます。

レジン

レジンを使うと透明感のあるカラーで作品の透明度をアップさせることができるでしょう。

特に、透明感のある作品は見た目の涼しげな印象からも、暑い夏などにピッタリの作品を作ることができます。

マニキュア

マニキュアはツメに塗るものだと考えるでしょうが、マニキュアはキラキラしたものやカラフルなものまで様々な色があり、活用することもできるんです。

マニキュアで塗られていたとしても、その作品がマニキュアが使われているとは思われないでしょう。

そのくらい予想以上にきれいな作品が作れます。

押し花

押し花は平面上でデザインをするスマホケースには打ってつけのジャンルです。

皆さんの好きな花を見つけて、貼っていきましょう。

本物の花を使うことで、リアリティーがありながらも、ファンタジーな作品を作ることもできます。

マスキングテープ

最近では、マスキングテープは様々なデザインが売られているので、そのようなテープをケースに張り付けることで、一つのきれいな模様をつくることができます。

デコパージュ

デコパージュは、透明のスマホケースをバックにして奥行きのある作品を作り出すことができます。

透明だからこそ、スマホとの一体感を感じることができますね。

布でスマホケースを作成すると、より厚みのある作品になります。

特に、重厚感以外にインパクトを持たせたい場合には、カラーをできるだけ目立つものにすることで見た目の印象を挙げることができます。

革・レザー

レザーは、時間が経過するとともに色も変化してくるので、自分でデザインしたという特徴以外にも何か味がある要素が欲しい場合には最適場材料です。

ポンポン

ポンポンは立体的なので、平面的なスマホケースには不向きに見えて、実際はよりポップなケースをつくることが可能な素材でもあります。

中でも、スマホであることを忘れてしまうほどの作品もあります。

例えば、ポンポンで埋め尽くされている作品は、とてもインパクトがあります。

ビジュー

スマホをもっとキラキラしたもので豪華にしたい場合には、ビジューが最適な素材です。

スマホケース全体に散りばめなくとも、真ん中に集中的に配置することで、豪華さだけではなく繊細さもアピールできます。

ジーンズ

ジーンズなどの服をスマホケースの素材にすることもできます。

スマホに服を着せているみたいで、ファッション性を上げることができるでしょう。

皆さんが服を着るように、数種類の服の生地を張り付けたスマホケースを用意すると、その日の気分に合わせて変えることができますよ。

シェル

貝殻はキラキラしているので、その部分を使うことで、ラメやホログラムのような作品に応用することができます。

また、より自然な光の反射を楽しむことができるでしょう。

ミニチュア

ミニチュアは小さいからこそ、ケースに貼ってシールのような感覚でデザインをすることができます。

小さいからこそ、可愛らしい作品にすることができます。

スカラップ

スカラップを使うことで、落ち着いたデザインで作ることができることができ、なめらかな曲線のある作品を作りたい場合には最適です。

和やかな気分に浸れる作品を作成できます。

油性ペン

油性ペンを使って透明なスマホケースに絵を描くと、透明な奥行きのある作品を作ることができます。

油性ペンならではのはっきりとしたイラストも作成できます。

手作りキット

手作りキットを使うことで、全てを手作りにするよりは簡単にできるので初心者の方でも安心です。

特に、装飾できる素材が付いているので、気軽にデザインをすることができます。

オリジナルスマホケースを自作するときのポイントとコツ

オリジナルスマホケースを自作する場合、初心者の方は特にデザインの下書きをすることをお勧めします。

そうすることで、本番で失敗をしにくいだけではなく、より正確に作品を制作することができるからです。

また、土台となるスマホケースのサイズと同じ紙に下書きをすることが失敗しないためのコツです。

オリジナルスマホケースを自作する際の注意点

注意点としては、飾り付けを土台となるスマホケースにしていく際には、スマホに装着したまま作成しないようにしましょう。

接着剤などが付着してしまうと、スマホが故障してしまう可能性があるからです。

安全に作業するためにも、作業をする場所は十分なスペースを確保しておきましょう。

オリジナルスマホケースを自作してみよう!

オリジナルのスマホケースを自作することで、皆さんの個性あふれる作品を作成できるので、贈り物としてスマホケースを作るのもいいですね。

ノベルティラボ」では、無地のスマホケースを購入して、専用のエディタを使って写真を貼ったり、自分好みにデザインをすることができます。

また、直接ケースを指定先に配送してもらうことができるので、自作するだけでなく販売もしたいという方にもおすすめです。

ぜひ活用してオリジナルのスマホケースを自作してみましょう。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA