投稿日:

【必見】ボールペンのインクが出ない…?原因と対策から解決方法まで徹底調査!

ボールペンは文字を書く時にとても便利ですが、使っているとペン先からインクが出なくなってしまうことがあります。

ノベルティなどで配ろうと思った時に、ボールペンの保管方法が悪ければボールペンのインクが出ないということも考えられるでしょう。

今回は、ボールペンのインクが出ない原因、対策、解決方法を徹底的に紹介します。

インクが出なくなる原因って?

ボールペンのインクが出なくなる原因について、考えられるものをご紹介します。

ペン先から内部に空気が入る

ボールペンのインクは、インク自身の重さ(重力)を利用して、ボールペンの先にあるボールにインクが流れていきます。

そのため、ボールペンを逆さにしたり、横向きにしたりすると、ボールとインクの間に空気が入り、ペン先とインクが離れてしまう原因になります。

ボールペンをカバンや筆箱に入れて持ち歩くと、ボールペンに振動が何度も与えられます。

それによって空気の層ができ、ボールペンが使えなくなってしまうことがあります。

ペン先のボールのトラブル

ボールペンのペン先にはボールというものがあります。

このボールがくるくると回ることで文字を書くことができるのですが、ボールが何らかのトラブルで回転しなくなってしまうことがあります。

ボールのトラブルで多いのが、ホコリやゴミの詰まりです。

文字を書いていると、紙のコーティング剤や、ホコリや小さなゴミなどを巻き込んでしまい、インクが出なくなってしまうのです。

また、ボールペンを高い所から落としたり、強い衝撃を加えたりすると、ボールが変形し、書けなくなってしまうこともあります。

インクの乾燥

インクは芯の中に入っていると固そうに見えますが、実はかなりドロドロしています。

経年劣化や、乾燥しやすい場所に長時間置かれていると、インクが乾燥して固まってしまうことがあります。

ペン先のボールペンが回転しており、内部に空気が入っていないのに文字が書けない場合は、中のインクが乾燥している可能性が高いでしょう。

事前にできる対策方法

ボールペンのインクが出なくなる前に、事前にできる簡単な対策法をご紹介します。

ペン先を下にして保管

ペンを保管する時は、ペン先を下にして立てるようにしましょう。

キャップをなくしてしまった時などに、底が汚れないようにペン先を上にしてペンケースに立ててしまう人がいますが、ペン先を上にしているとインクが逆流したり空気が入ったりするなど、インクが出ない原因になりかねません。

持ち歩く時も、インクを下にする、衝撃を少なくするなどの工夫をすると、インクが出なくなるのを予防することができます。

ペン先を常にキレイに

ペンの先端にゴミやホコリがたまると、インクが出なくなってしまうことがあります。

ペン先が汚れていると、筆記線が擦れてしまい、キレイな文字が書けなくなってしまいます。

ボールペンを大切にペン立てに保管したとしても、ペン立ての中のホコリでインクが汚れることも。

ペン立てのホコリを取り除いたり、ウエットティッシュでペン先をキレイにしたりしましょう。

乾燥させないようにする

インクが乾燥すると、インクが出なくなってしまいます。

カチっと片手で押すだけでペン先が引っ込むノック式は、常にペン先をしまっておき、キャップ式のボールペンはキャップを常にはめておきましょう。

また、ボールペンのインクは温度の影響を受けやすいので、車の車内など高温になりやすい場所で放置しないようにしなければなりません。

ボールペンを使わない時は、温度変化が少ないペン立てや、机の引き出しの中に入れて保管しておくことが大切です。

ボールペンのインクが出ない時の解決策とは

どうしてもボールペンのインクが出なくなったらすべき解決策をご紹介します。

空書きをしてインクの流れを作る

ボールが回転しない、ペン先に何かが詰まっているという時は、ティッシュに空書きする方法がおススメです。

ティッシュを4枚程度広げ、破らないようにペン先のボールを転がすように文字を書きます。

何度か試しているうちに、ティッシュとの摩擦でボールが回転するようになり、インクが流れるようになることがあるでしょう。

遠心力や温度を利用する

ボールペンに空気が入っている場合は、ボールペンを回し、遠心力を利用することで復活させる方法があります。

まず、輪ゴムをボールペンの中央にセロテープでくっつけ、輪ゴムの両端を持って縦にグルグルと回しましょう。

インクが飛び出すことがあるので、ボールペンをビニール袋などに入れて回すと安心です。

インクが乾燥している時は、ボールペンをギュッと握って温めてみましょう。

ボールペンのインクは人肌程度の温度でも柔らかくすることが可能です。

直す時にやってはいけない注意ポイント!

高温にさせない

ライターの火やドライヤーを使用すると、精密な部品であるボールが変形し、ボールペンが破損することがあります。

手で温めるだけで固まったインクをほぐす効果があるため、インクを柔らかくするためにライターなどで無理やり温める必要はありません。

ダメージを与えない

また、ボールペンを復活させるために硬い所で文字を書くのもいけません。

机や壁などの硬い所で無理にガリガリと文字を書こうとすると、ボールが破損し、もっと悲惨なことになってしまう可能性があります。

また、ボールペンを直す時に強い衝撃を与えたり、叩きつけたりするとボールペンが変形し、修復不可能になってしまうこともありますので、「インク出ないな」と思っても乱暴に扱わず、直す時はボールペンを繊細に扱いましょう。

ボールペンを長く愛用しよう!

100円ショップで買ったボールペンでも、大切に扱えばたくさんの文字を書くことができますが、オリジナルのボールペンを予め用意するのもおすすめです。

ノベルティラボでは、好きな画像や自分で作ったデザインなどを使って、世界に一つだけのオリジナルボールペンを1個から作成できます。

オリジナルのボールペンを使えば文字や絵を書くのが楽しくなるでしょう。

気になる方はノベルティラボでオリジナルボールペンを作ってみてはいかがでしょうか?

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA