投稿日:

同人グッズの定番!喜ばれるオリジナルクリアファイルの作り方とポイント

クリアファイルは、使って便利、作って楽しい、実用的アイテムです。

オリジナル図柄のクリアファイルを、同人グッズで作成してみましょう。

素材の透明感を活かしたり、大きなサイズで図柄を活かしたり、ワンポイントなどのシンプルでさりげなさを出したり、と、デザインの自由度が高いアイテムです。

こだわりの図柄作りで、楽しく作って楽しく使える、オリジナルクリアファイルを手に入れましょう。

同人グッズの定番!クリアファイル

たくさんの種類がある同人グッズの中でも、クリアファイルは特に実用性が高く、図柄が大きいため、定番のアイテムです。

趣味の紙モノを入れて実用することができますし、大きな図柄は、保管して鑑賞することもできる、嬉しいアイテムです。

趣味のものを、好きなデザインのクリアファイルに収納することが出来たら、いっそう楽しいですよね。

クリアファイルを同人グッズとして作ることは、それを可能にするのです。

文房具としても図柄を鑑賞するアイテムとしても実用的で喜ばしい、定番の同人グッズ、それがクリアファイルです。

同人グッズとして販売することも、ノベルティとして使用することも、自分で使用するためだけに作成することも可能です。

同人グッズの定番、クリアファイルを作ることで、生活に楽しいアイテムを増やしましょう。

同人グッズにクリアファイルが選ばれる理由

クリアファイルは、とても実用性が高いアイテムです。

クリアファイル自体を同人誌などのノベルティにすることもできるだけでなく、同人のペーパーやポストカード、そのほか薄手のノベルティ類などや、そして、好きな版権作品の特典などを入れることにも使用できます。

そんなクリアファイルが、好きな図柄の同人グッズであれば、趣味の楽しみがなおさらに増すことでしょう。

日常的にも使える

図柄次第では、日用的な文房具としても大活躍します。

お役立ちアイテムであるクリアファイルが、同人グッズとして選ばれる理由です。

また、クリアファイルはサイズが大きいアイテムであるため、同人グッズとして作成する場合、デザインの自由度が高く、こだわりの図柄を大きなサイズで見せることも可能です。

幅広いデザインができる

クリアファイルの特徴として、そのほかに、透明素材である点も挙げられます。

透明素材に印刷するため、図柄をくっきりと見せたい場合には、下地に白色インクでの印刷をします。

白色インクの印刷なしで、透明感を活かすことも可能です。

下地の有無の使い分けのアイデアも楽しめることでしょう。

そのため、図柄作成時に、透明な部分を残したり、白色印刷なしで色のみ印刷する部分を作るなどの工夫を、デザインに取り入れることができます。

これらの理由から、同人グッズとしてのクリアファイルは、作り手側にも、手に取る側にも、楽しく、喜ばれるアイテムなのです。

もちろん、自分だけのために作成して楽しむこともできます。

同人グッズでクリアファイルを作るには?

同人グッズでクリアファイルを作成するためには、作成したいクリアファイルのサイズや希望する印刷領域に合わせた図柄データの準備が必要です。

この図柄データは、イラスト作成ソフトなどを用いて作成することもできますが、業者によっては、ソフトなしでもデザインをすることが可能です。

また、クリアファイルは透明素材への印刷であるため、図柄をデザインする際に、白色印刷の有無を考えることが必要です。

図柄のデザインは、クリアファイルの全面を大きく使用したり、たとえば帯状に図柄を入れたり、ワンポイントなど部分的に図柄が入るデザインにしたり、など、そのほか自由な発想で、好みで作成することができます。

クリアファイルの場合、裏表がありますので、両面に印刷するようなデザインにするのか、それとも片面のみへの印刷か、選ぶことができます。

片面の場合でも両面の場合でも、全面印刷か、部分的な印刷なのか、その選択によって、業者の選択肢やデザインの幅が変わってきます。

同人グッズ作成で業者を選ぶ際のポイント

サイズの選択肢

業者により、同人グッズとして作成できるクリアファイルのサイズが異なります。A4、A5、B5、はがきサイズであるA6やA3など、業者によって取り扱っているサイズは様々です。

予算やデザインによって、希望のサイズを取り扱っている業者を選択するか、あるいは、予算によって業者の取り扱いサイズを選択することになります。

同人誌などのノベルティとして作成したり、ペーパーを添える場合などは、それらのサイズと合わせても楽しいですし、実用性やデザインの好みを重視してももちろん楽しいでしょう。

頒布や梱包などの取り扱いのしやすさも考慮すると、なおさらに快適です。

印刷領域と予算

作成したいクリアファイルのデザインと予算によって、裏表両面に印刷するのか、片面のみの印刷か、部分的な印刷か、いずれかの形式を選ぶことになります。

どの印刷形式なのかによって、印刷価格が変わってきます。

また、業者により、両面印刷ができるか否かや、全面印刷ができるのか部分印刷のみなのか、取扱っている印刷領域が異なります。

どういった仕上がりにしたいのか、予算はどのくらいか、デザインと価格との兼合いも、業者選びのポイントです。

ロット数(発注部数)

業者により、作成できる最少部数が異なります。

自分用など、1部のみ、あるいは少部数で作成したいのか、大部数なのかにより、業者の選択肢が絞られます。

また、業者により、どの作成部数でお得な価格なのかが、変わってきます。

1部のみや少部数で作成したいときなどは特に、作成できる最少数が、業者選びのかなり大きなポイントと言えるでしょう。

とっておきのクリアファイルを作成しよう!

同人グッズとしてのクリアファイル作成は、デザインの自由度が高く、工夫次第でアイデアを盛り込める、楽しいものです。

自分で好きにデザインしたクリアファイルを作成できると、作るのも使うのも保管するのも嬉しいですよね。

手に取る人だけでなく作成する側も楽しめる、そんなとっておきのクリアファイルを、ノベルティラボで作成してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA