投稿日:

初めてでも大丈夫!自分好みのオリジナルスマホケースを自作してみよう

スマホケースを買おうと思ったら「種類が多すぎて選ぶのに疲れてしまった…。」なんて事ありませんか?

なかなか好みのケースに出会えなければ、オリジナルのケースを自作するのがおすすめです。

ちょっとしたプレゼントや記念品にもぴったりのオリジナルスマホケースですが、手作りするのに必要な物は100均などで簡単に揃えられる物が多いのです。

そこで今回は、初めてでも安心なオリジナルスマホケースを自作する方法をご紹介します。

自作スマホケースの作り方とデザイン10選

お家でできる簡単なものから本格的なものまでオリジナルスマホケースを自作する方法を集めました。

思わず真似したくなるようなデザイン(アイデア)もあわせてご紹介します。

【超簡単】クリアケースに挟むだけ!

作り方はとても簡単。

好きな写真やおしゃれな包装紙、お菓子や飲み物のパッケージなどをクリア素材のスマホケースと本体の間に挟み込むだけで、簡単にオリジナルスマホケースの出来上がりです。

本体の形に合わせて挟み込むものをカットする必要がありますので、手作り作業に不安がある方は小さめの写真などから始めてみるのも良いでしょう。

これだけで見栄えの良い自作スマホケースの完成です。

絵の具やジェルネイルで絵を描いてみる

手作りが好きで絵心がある方は、スマホケースに自分で好きな絵を描いて自作してみましょう。

作り方としては非常に手軽ですが、自分の絵で世界に一つのオリジナルスマホケースが作れます。

ラメ入り絵の具で輝きを出したり、ジェルネイルで立体感を表現したりと使う絵具によって様々なスマホケースを自作することができます。

女性におすすめ☆デコスマホケース

ラインストーンやガラスビーズなどキラキラした素材を接着剤で貼り付けるだけで、女性らしく華やかなオリジナルスマホケースが自作できます。

作り方はいたってシンプルなので、ワンポイントから派手なものまで自分好みの手作りスマホケースになりますね。

スマホケースの種類もケース型や手帳型などタイプを選ばず気軽に挑戦できますし、見栄えも良いので贈り物用にもおすすめです。

レジンで好みの飾り付け

手芸店や100均で売られているレジンを使って、スマホケースを好みに飾り付ける作り方です。

押し花や貝殻、使わなくなったアクセサリーなどで様々な手作りスマホケースのアイデアを試せるのが魅力です。

レジンにはいくつか種類があり、作り方もそれぞれですが、慣れてくれば他には無いオリジナルなスマホケースを自作できるのが嬉しいですね。

スマホケースにペタリと貼り付ける

好みの紙や布地をスマホケースに直接貼り付ける作り方です。

スマホケースのタイプや貼り付ける物によってデコパージュ液を使ったり、接着剤で貼ったりと作り方は様々ですが、気軽にオリジナルのスマホケースが自作できます。

余り物の布地を貼った簡単な物から手作りの編み物を使用した凝った物まで、自分だけのスマホケースを作るのにおすすめの作り方です。

リボンを結んでスマホをドレスアップ

スマホの背面のみをカバーするケース型のスマホケースに数カ所穴を開け、そこにリボンを通して結ぶだけで可愛らしい手作りのオリジナルスマホケースが完成です。

自作方法はとても簡単ですが、穴を開ける際は適した道具を使用し怪我に注意しましょう。

穴の数やリボンの通し方など、作り方を工夫すれば様々なスマホケースができ、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

レザークラフトで自作スマホケース

男性にもおすすめしたい作り方は、レザーでオリジナルスマホケースそのものを自作する方法。

材料や道具を一から全て揃えるとなると費用もそれなりにかかってしまいますので、まずは100均やホームセンターなどで手作りキットを入手してみるのも良いでしょう。

慣れてきたら装飾や名前を入れて、使うほどに愛着が増していく自分だけのスマホケースを自作してみましょう。

ちょっとしたお出かけに♪手提げタイプ

裁縫や編み物が得意な方には、手提げタイプのオリジナルスマホケースを手作りするのもおすすめです。

スマホのサイズに合わせすぎず余裕を持って自作すれば、ちょっとした買い物やランチタイムなどはバッグを持ち歩かずにこれだけで済んでしまいそう。

作り方は一般の平型手提げバッグを作るのと大きく変わらないので、慣れている方にとっては気軽に取り組めるのが嬉しいですね。

樹脂粘土で食べ物そっくりに作る

樹脂粘土やプラスチック粘土など、クラフト用の粘土を使えば様々なオリジナルスマホケースが自作できますが、中でも食べ物そっくりに作られたものはインパクト大。

造形や塗装など作り方にコツが必要ですが、上手くできれば手作りとは思えないほど凝った物にもなります。

お腹が空いたら思わず手が伸びてしまいそうなオリジナルスマホケースですね。

グルーガンで思い通りの形を作る

グルーガンとは、工作や手芸などで使う接着道具です。

樹脂でできたスティック状の接着剤を熱で溶かして噴出します。

噴出のさせ方をコントロールすれば、接着剤のみをスマホケースの形に繋ぎ合わせて自作することも可能です。

作り方に慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、完成した手作りのオリジナルスマホケースは他にはないユニークさできっと目を引くでしょう。

スティックのカラーはバリエーションがあるので組み合わせも楽しめます。

手作りオリジナルスマホケースは作り方いろいろ!他にはないものを自作しよう

いろいろな作り方の手作りスマホケースを紹介してきましたが、いざ自作しようとなると仕上がりが気になったり、デザインや素材の良し悪しで悩んでしまうものです。

そんな時はやはりオリジナルスマホケース専門店に依頼するのが一番です。

ノベルティラボのデザインエディタを使えば簡単にオリジナルのスマホケースを自由自在にデザインすることができます。

自分だけのオリジナルスマホケースをノベルティラボで作ってみましょう!

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA