投稿日:

お気に入りの自作スマホケースを作って、みんなに差をつけよう!

スマホケースは、家電量販店や携帯ショップに足を運べば簡単に手に入れることができます。

しかし、様々な種類やデザインはあるのに、自分の機種だけは合うものがなかったり、デザインが限定されたりなどお気に入りのケースは手に入らないことが少なくありません。

そんな悩みを一気に解決するのが、自作のスマホケースを手作りすることです。

今回はオリジナルのスマホケースを自作する方法についてお伝えします。

おすすめのスマホケースの自作方法はこれだ!

オリジナルスマホケースを手作りするには、道具はもちろん、材料から集めなくてはなりません。

しかし、道具や材料が高価だと失敗したときのリスクを先に考えてしまい、思い切って作成することができません。

そこで、リーズナブルで安価な100円ショップの商品を使ったスマホケースの作り方を中心に紹介します。

お手軽簡単UVレジン

UVレジンは、ハンドメイドのアクセサリーなどで幅広く利用されている材料です。

初心者でも気軽に扱うことができるくらい簡単に使うことができます。

作り方は、スマホケースのデザインしたいところに押し花やデザインシールを貼り付け、UVレジンを上からかけて固めるだけです。

UVがついているので、紫外線で固まります。

しっかり硬化することができれば、簡単に剥がれることはないでしょう。

アクリル絵の具と混ぜると色ガラスのような効果が生まれ、一味違ったスマホケースを作ることができます。

デザインを変えることができる!?デコパージュ

最近人気のデコパージュ。

秘密はトートバックや石鹸、上履きなど幅広く装飾できることです。

また、作り方も至ってシンプルなことも人気の秘訣です。

作り方は、ペーパーナフキンをケースの大きさに切り、スマホケースにデコパージュ液を塗り、その上に貼り付けるだけ。

とても簡単ですが、実に多くの種類を貼り付けることができるため、オリジナル度アップは間違いなしです。

例えば、ネイル用ストーンを散りばめて貼り付けたり、写真をプリントアウトして貼り付けるなど、多様なデザインに対応できます。

そして最大のポイントは、デザインを変えたいと思ったとき、消毒用エタノールを使えばすぐに剥がして、別のデザインを貼り付けることができる点です。

これなら、ちょっとした時間を使って、気分に合わせたお気に入りのケースを自作できますね。

手帳タイプのケースはおしゃれで人気

手帳タイプのケースは、メーカーが売り出しているものでも人気の商品です。

これがオリジナルで作れるのであれば、かなり満足度は高いでしょう。

しかし、他のものと違い、革製品や硬い布地で作られているため加工しにくい手帳タイプのケース。

手作りは難しいと思いがちですが、心配ありません。

そんな方のために、手帳ケース作成手作りキットがあるので、うまく利用すれば本格的な手帳ケースを手作りすることができます。

ステッカーやシールで手軽につくる

ステッカーやシールは、多くの種類が販売されており、組み合わせも自由にできるのでオリジナルスマホケースには欠かせないアイテムです。

クリアケースに、自分の好みで貼り付けるだけで完成なので、誰にでもできて短時間で完成するところが最大の魅力です。

ちょっとした時間を活用して作りたい方や、失敗も少ないので、初心者向けと言えるかもしれません。

また、コストが断然かからないところも魅力ですね。

粘土でオリジナルのオブジェを作る

プラスチック粘土やクラフト用粘土を使って、好きな形を造形して、色を塗りクリアケースなどにUVレジンなどを使って接着・コーティングすれば、オリジナル度の高いスマホケースを手作りすることができます。

自分の趣味を活かしたデザインができるので、外観からはスマホと気づかないようなあっと驚くスマホケースを作ることもできます。

他の人には真似できない世界に一つだけのスマホケースになることは間違いありません。

スマホケースを自作する時のポイント

スマホケースを作るにあたって、最も重要なチェックはスマホのサイズをきちんと把握しておくことです。

せっかく時間をかけて納得のいくデザインで作成することができても、サイズに合わなければ意味がありません。

市販されているスマホケースを参考にして、サイズを調べておくと迷うことがなく便利でしょう。

また、材料の選び方もチェックが必要です。

接着するケースと接着剤、接着するものの相性や、貼り付けたいものの数や面積なども十分チェックして用意すると無駄なく材料を使い切ることができるでしょう。

スマホケースを作るときの注意点

スマホケースを手作りするときは、主にクリアケースを使うと思います。

このクリアケース、便利ですがいろいろと注意する必要があります。

まず、あまりにデザインに凝りすぎるために、クリアケースに厚みが出てスマホの熱を発散することができなくなることです。

普通市販されているケースには、熱を発散させるために小さな穴や隙間がありますが、これを自作のとき塞いでしまうと、熱によりスマホが故障してしまう原因になります。

クリアケースを使って自作するときは、熱がこもらないようなデザインを考えることも必要なことなのです。

オリジナルのスマホケースはアイデア次第で簡単に自作できる

身の回りにあるちょっとしたものを活用するだけで、オリジナルのスマホケースは簡単に作ることができます。

作り方も、自分のアイデア次第でいくらでもアレンジすることができますし、なにより安価な100円均一の商品で手軽に作れるところが魅力です。

ノベルティラボには、そんな自作のスマホケースを作りたいと考えている方におすすめのアイデアが満載です。

ぜひ、オリジナルのスマホケースを作ってみてください。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA