投稿日:

【保存版】ノベルティとは?意味やおすすめの選び方・作り方まで完全ガイド!

商売が軌道に乗るためには、いかに再び来店してくれるようになるリピーターを作るかが重要になります。

それは再度購入してくれた人が勧めることで、別の顧客も呼び込めるからです。

このリピーター作りのために各企業は様々な工夫をして顧客を引き付けようと日夜努力しているのですが、その活動内容の中で企業が率先して行っているノベルティと呼ばれるサービスについて紹介します。

「ノベルティ」とは?

ノベルティとは英語で目新しいや斬新を意味する言葉で、これまで世の中に出回っていなかった物を生み出す行為のことを指しています。

そんなノベルティが経営用語で使われるようになったのは、出回っていなかった物を生み出す行為をうまく利用してリピーター作りに役立てるためです。

例えば、自社の商品を購入してくれた時に他では売っていない小物を付け加えたり、これから販売しようとしている商品の模型を消費者に渡したりすることによってプレミア感を出すなどです。

これらのことをすると顧客は、これまで手に入れたことのないノベルティを無償配布してくれた企業に好印象を持つのでリピーターになってくれる確率を増やしてくれます。

シーンに合ったノベルティの重要性

顧客と接点を作るためのきっかけづくり

自信のある商品を大体的に宣伝するためには、商品のテーマにあった展示会や博覧会に応募して顧客にアピールする必要があります。

しかし、アピールが大事といっても、顧客に対して商品を購入してほしいとアピールするのは厳禁です。

なぜなら、馴染みのない企業からいきなり商品を宣伝されれば、強引な販売手法だと思われてしまい逆効果になります。

そこでいきなりアピールするのではなく、企業と顧客の間の接点づくりのためにノベルティを使用するのです。

どんな相手も無償で商品をもらえるというのはうれしいことなので、商品を見せてくれた企業に対してお礼の意味も込めて話を聞いてみたいという企業との接点を持つきっかけづくりができます。

その後は、自社の製品の説明を丁寧に伝えることで商品を購入してくれる可能性が生まれます。

営業回りで相手の印象をよくするためのきっかけづくり

商品を販売するためには、各販売企業に営業に回って宣伝する必要があります。

しかし、販売する企業にとっては、売れない商品を取り扱ってしまうと印象が悪くなってしまうので、いくら大事な取引先の企業であっても新商品の取り扱いには慎重になってしまいます。

そんなときに商品の模型ともいえるノベルティを持って行くのです。

言葉だけでは判別できないことも、実際の目や耳で感じたことは印象に残りやすいです。

営業の挨拶回りの際にノベルティを持って行くことによってこれから販売しようとしている商品の大まかな説明もできます。

さらに、無償で提供してくれたことに関しても、相手企業にとっては良い印象なので取引交渉がスムーズに進められるきっかけになるでしょう。

顧客の意識を向かせるきっかけづくり

自信のある商品を販売にこぎつけた時に、新商品ができたことを紙面や旗などを用いて伝えようとします。

しかし、紙面や旗で宣伝しても、品物が沢山ある今の時代では文字だけの宣伝はインパクトに欠けてしまい顧客が商品に対して意識を向けてくれる確率は低いです。

そこで、自信のある商品と一緒に他では手に入らないノベルティを配布して興味を引き付けることで、顧客が商品に意識を向けるきっかけづくりができます。

ノベルティグッズの効果的な選び方のコツ

ノベルティグッズの選び方として、守らなければならない要点は商品のターゲット年齢層に合っているか、そして目的に合っているのかです。

どんな商品でも作る際には、使ってくれる年層をイメージしてから作ります。

そこでノベルティを配布してイメージアップを図る際にも、その販売しようとしている商品の年齢層に合わせたものを配布することが大事です。

そして、もう一つ目的に合っているのかというのは、販売しようとしている商品を印象付けたいのに全く関係のないノベルティを配布してしまっては効果は薄れてしまいます。

そのため、ノベルティを配布する際には、今一度販売しようとしている商品のイメージを思い返して選ぶのが重要です。

ノベルティグッズを簡単に作る方法

ノベルティはおまけ要素の強いものですが、しかしおまけだからといってテーマ無く作るのは厳禁です。

なぜなら、アピールが目的なので、実用的ではない物や見た目が悪いものを作ってしまうとせっかくのイメージが台無しになってしまいます。

しかし、実用的で簡易的なものを作るといっても、元々の意味は目新しさを印象付けるのが大事なので作成は難航しがちです。

そんなときには、自社だけで考えるのではなくノベルティ専門の開発企業に委託するのも手です。

開発企業では、まずノベルティにする素材選びから始めます。

素材選びが終わったら、今度は紙面でイメージを描いて送付することによって商品を作ってくれます。

それ以外ではネット環境を利用したエディタを使って、ネット上でイメージを描いて送信することで作ることが可能です。

オリジナルノベルティグッズならノベルティラボへ!

物が溢れる今の時代で、顧客の意識を商品に向かわせるためにノベルティの重要性が増しています。

そんなときにはノベルティラボのような、ノベルティ専門で開発する企業に依頼を出すと良いです。

こういった企業では素材を決めた後に、エディタを使ってイメージ作りができるので目的や年齢層に合わせたノベルティグッズが作りやすくお勧めです。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA