投稿日:

【販促効果】ノベルティグッズの種類って?適したノベルティの選び方とコツ

ノベルティは宣伝を目的として配る記念品で、その種類は多種多様です。

初めてノベルティを作る場合、何を作ったら良いのか迷ってしまうことがよくあります。

ノベルティは場所や対象に適したグッズを制作しなければ、十分な宣伝効果は期待できなくなってしまいます。

今回はノベルティグッズの種類、適したノベルティの選び方やコツについてご紹介します。

ノベルティグッズの種類とは

定番のノベルティグッズ

ノベルティグッズは企業が自社や商品の宣伝を目的として無料で配るものです。

効果的に宣伝するためには、できるだけ日常的に使用してもらえるグッズを選ぶのがコツになります。

そのため、世代を選ばずあらゆるシーンで使用できるボールペンやタオル、カレンダーなどが定番のノベルティグッズとなっています。

お客さんがもらって嬉しい、もらっても困らないと感じるものが定番のノベルティグッズの条件です。

便利なノベルティグッズ

ノベルティグッズとして作成するグッズは、実用的なものから趣味の物など実に様々です。

最近では防災アイテムとして使えるキーホルダータイプのLEDライトやスマホでの撮影を補助してくれるセルフィーフラッシュライト、落下防止やスマホの操作性をアップさせるために役に立つスマホリングなども人気です。

ボールペンやクリアファイルなどは実用性が高いですが、飽きられやすいというデメリットがあります。

自分で買うほどではないちょっと変わった便利なノベルティグッズの方が珍しいため、喜ばれるという場合もあるでしょう。

オリジナルノベルティのメリット・デメリット

メリット

オリジナルノベルティは企業名や商品名をわかりやすく印刷することができるので、お客さんが使用してくれれば十分な宣伝効果を得られることができます。

そして、オリジナルノベルティは様々なグッズを自ら選んで、好きなデザインにすることが可能です。

ターゲットを明確にし年齢層や性別を考慮してグッズを作れば、お客さんの満足度が高まるでしょう。

また、ノベルティは無料で配ることから、本来なら商品を購入しないお客さんも珍しいオリジナルノベルティ目当てに足を運び、自社のことを知ってもらえるきっかけになります。

既製品だとありきたりなノベルティになりがちですが、珍しく人気のあるオリジナルノベルティならばSNSを通して情報が拡散されることもあり、宣伝効果は無限に広がります。

既製品と比べて注目を集めやすく、臨機応変に様々な種類やデザインのグッズを作成できるというのがオリジナルノベルティのメリットです。

デメリット

オリジナルノベルティは自身で商品のデザインをしなければいけません。

デザインが良くないものは誰も積極的に使いたいと思わないことから、すぐに捨てられてしまう危険性があります。

また、あまりにもノベルティの質が悪いものや安っぽいグッズは企業に対するマイナスイメージに繋がります。

オリジナルノベルティを作る時は手を抜かず、どんな人に渡すのか意識しながら制作する必要があるでしょう。

適したノベルティの選び方

ターゲットを明確にする

まずは誰に配るのかというターゲットを明確にしましょう。

ターゲットが使いづらいものや気に入らないデザインのものはそもそも受け取ってもらえず、受け取ってもらえたとしてもすぐに捨てられる可能性が高くなります。

ターゲットが男性なのか女性なのか、また若者かシニアなのかによって好みのデザインやグッズというのは大きく変わってきます。

会社員ならクリアファイルやボールペン、手帳などが喜ばれますが、主婦ならばキッチン用品や化粧品、買い物する時に使えるトートバッグなどが喜ばれるでしょう。

自分がもらって嬉しいものではなく、ターゲットであるお客さんが一番欲しいと思うノベルティを選ぶことが大切です。

いつどこで渡すかをイメージする

競合他社が一堂に会す大規模の展示会では多くのノベルティグッズやチラシが配られることが考えられます。

そんな時、あまり大きなグッズを制作すると荷物になり、迷惑になって印象が悪くなる恐れがあるでしょう。

その場合、荷物が多くなる状況を想定してお客さんが持ち帰りやすいように、エコバッグなどを配るという方法も有効です。

また、他社とグッズが被ると印象が薄く、記憶に残りにくくなりますから、あえて変わったものを渡すと言うのも一つの手です。

いつどこで渡すかをしっかりとイメージすれば、どんなノベルティを選べば良いのかがおのずとわかってくるはずです。

オリジナルノベルティグッズ制作のコツ

自社のイメージと商品の関連性を持たせる

企業の商品のイメージに近いものを作れば相乗効果が得られ、自社のことを強く印象付けることができます。

全く自社と関係ないものを作るとお客さんの記憶に残らず、ノベルティがあまり意味のないものになってしまうでしょう。

アピールしたい商品とイメージがかけ離れすぎていないノベルティを選ぶことがオリジナルノベルティを制作する上では重要です。

豊富な商品を取りそろえている業者を選ぶ

ノベルティを制作する時は、専門業者に依頼するのが一般的です。

そして、制作業者を選ぶ時はたくさんの種類のグッズを作れる所が最も理想的と言えます。

ターゲットを明確にしたり、いつどこで渡すかを決めたとしても、それに見合った商品が制作できなければ意味がありません。

自分が作りたいグッズに名入りできないと宣伝効果も低くなってしまうでしょう。

オリジナルノベルティを制作する時は、たくさんのグッズを取り扱っているノベルティ向きの業者を選ぶようにしましょう。

ノベルティグッズの制作なら、ノベルティラボがおすすめ!

ノベルティグッズを活用してプロモーションを行う場合はグッズ選びがカギを握ります。

できるだけユーザーの役に立つような便利なグッズを作りましょう。

初めてノベルティを制作する場合は、ノベルティラボがおススメです。

500種類以上の豊富な品揃えで、お客さんのニーズに答えるようなグッズが制作できます。

気になる方は是非ノベルティラボを利用してみてください。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA