投稿日:

ただ置くだけ!?ケーブルのストレスから解消!スマホのワイヤレス充電とその適正とは?

電話機能だけでなくネット機能や予定を書き込める手帳の代わりなどスマホは便利な機器ですが、電化製品であることに変わりないのでバッテリーの電力が切れたら使えなくなります。

その状態にならないためにも充電は欠かせないのですが、ただケーブルは線でつながないといけないので絡んでしまったりと面倒なことが多いです。

そこで煩わしい充電を手軽にするワイヤレス充電機を紹介します。

スマホのケーブル問題

スマホで充電する際にケーブルと直結するのが主流ですが、実際に使ってみるといろいろな問題点があり悩んでいる人が多いです。

一番多い悩みとして挙げられるのが、外でも充電するためにケーブルごと持っていくとカバンの中で絡んでしまうことです。

これは持ち歩いた時の振動によって徐々にケーブルに輪っかができてしまい、そこに線が入り込むことで起きています。

複雑に絡んでしまうと解くのに時間がかかるだけでなく、実は絡みを何度も起こしてしまうとケーブル内部の動線が切れてしまうこともあるのです。

動線が切れたまま充電をしてしまうと、その切れた部分から電気が流れて火花が出ることがあります。

これはとても危険な事でありスマホが壊れるだけでなく、もし可燃物が近くにあったらケーブル断線が原因で火災の発生源にもなりかねないのです。

ついに登場!置くだけで充電!?

これまでの充電にはケーブル式しかなかったので選択せざるを得なかったのですが、ショートによる危険性が認知されることによって別の方法を考案する流れになったのです。

そこでケーブルの問題であったショートを気にせずに充電する方法として考案されたのが置くだけで充電できるワイヤレスチャージャーです。

ワイヤレスチャージャーは、設置する専用台の内部に電気コイルを内蔵しています。電気コイルが電気を作り出し、その電気を電磁誘導という仕組みでスマホのバッテリーに送り込むことでケーブルがなくても充電できるようになっています。

使い方とケーブルとの違いとは?

使い方はとても簡単でコンセントにつなぐだけ

ワイヤレスチャージャーの使い方はとても簡単で、コンセントと直結した専用台にカメラレンズがある背面を後ろにしておくだけです。

ワイヤレスチャージャーで充電できる仕組みを持つスマホは、液晶画面の裏側の方に電磁誘導を感知できる機器が存在します。

そのためスマホを裏側にすることによって、その電磁誘導を感知できる機器に電気を帯びた台を触れさせることで充電できるのです。

ケーブルとの違いは充電時間

ワイヤレスチャージャーとケーブルとの違いとしては、基本的にケーブルの良い点としてはバッテリーと直結するので充電速度が安定して速いことが挙げられます。

ただし先に言ったとおりにケーブルは動線が入っているので、何度も絡むと断線しスマホの故障に直結するだけでなく使用者にもやけどなどの危険を及ぼすことにもなりかねないです。

その点ワイヤレスチャージャーはコンセントに直結するだけなので持ち運びが楽なだけでなく、動線がショートすることもないので安全な充電が可能です。

スマホを充電する際の注意点

そもそもワイヤレスチャージャーができないスマホでは充電できない

至極当然ですが古いスマホではケーブル充電しか対応していないため、説明書を見てワイヤレスチャージャーで充電できることを確認しなければ使えないです。

あくまで使えないのは昔のスマホであり、現在のスマホはワイヤレスチャージャーを使うことをすでに想定しているので新しく買い直せば全く問題ないです。

箱に書かれている規格と適合するものを選ぼう

手軽に充電できるといっても、実はワイヤレスチャージャーとスマホのバッテリーには電力規格が存在します。

この規格が合わないと設置しても充電されないだけでなく故障の原因になるので、ワイヤレスチャージャーを選ぶ時には規格が適合しているものを選ぶ必要があるのです。

出力の強いタイプを選ぶのが大事

手軽に充電できるワイヤレスチャージャーですが、ケーブルと違い電磁誘導によって充電する流れなのでどうしてもフル充電する場合だと時間がかかってしまいます。

そのためケーブルと同等の時間で充電したいのであれば、事前に購入する際に高出力設定ができるタイプを選ぶ必要があるのです。

ワイヤレスチャージャーが1個からオリジナルで作成できる!

スマホは現在の生活にはなくてはならない存在なので、やはりどこでも手軽に充電できるワイヤレスチャージャーは一個は持っておきたいアイテムです。

ただ市販品のワイヤレスチャージャーは規格が合わないだけでなく、見た目とサイズそして充電の力など自分の好みに合わないものがあるのも確かです。

そんなときはワイヤレスチャージャーが1個からオリジナルで作成できる専門企業が沢山あるので、そこでサイズや規格などの要望を提出して作成してもらうのが良いです。

オリジナルでワイヤレスチャージャーを作ると周りの人が同じように使っていても自分のものというのがすぐに分かるのと、デザインを工夫すればインテリアグッズとしても用いることができます。

ワイヤレスチャージャーによるスマホ充電は主流になる

ワイヤレス充電は世に出回って間もない技術であるため、規格の不適合による充電不可や電磁誘導による充電はケーブル充電に比べて時間が長くなってしまうデメリットはあります。

ただ問題点は分かっているので、これから技術が進歩すればより使いやすくなります。ケーブルを設置しなくても充電できる仕組みは便利であることに変わりないので、現在発売されているものを使用しつつ精度向上するまで気長に待つのが得策です。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA