投稿日:

【iPhoneユーザー必見】バッテリーの状態を確認する方法と劣化を防ぐコツ!

iPhoneに利用されているリチウムイオン電池には寿命があり、充電していても消耗してしまったりそもそも充電ができなくなったりと不具合が発生してしまいます。

バッテリーが劣化するとiOSによる性能ダウンでパフォーマンスが低下するとAppleも認めています。
本記事ではバッテリーの診断・確認方法や劣化を防いで寿命を長持ちさせる方法をまとめています。

iPhoneのバッテリーに不具合を感じたら!

iPhoneのバッテリーが劣化することで普段利用するのに不具合が生じることがあります。

バッテリーの持ちが悪い

バッテリーの劣化の症状で一番わかりやすいものです。
朝100パーセントまで充電したのにすぐ30パーセントになっていたり特に使用していないのに電池の残量が残りわずかになっていたりします

電源が勝手にOFFになったり再起動されてしまう

端末に負荷がかかるような使い方をしていないのに電源が切れてしまったり再起動を始めたりするような場合もバッテリーの劣化が関係していることがあります。

もちろんほかの可能性も考えられますが、バッテリーのパフォーマンスが落ちて不具合を起こしていることもよくあることです。

まず、現状の確認をしよう!

バッテリーの寿命を診断・確認する

iOS11.3では新機能としてバッテリーの状態」が追加されました。iPhoneのバッテリーがどのくらい劣化しているのか新品と比較して診断することができます。

バッテリー劣化に伴う、iPhoneの性能低下かわかる機能

iPhoneのバッテリーが劣化してしまうと給電能力も落ちてしまい、使用する環境や端末の状態によってはiPhoneが強制シャットダウンしてしまうことがあります。

Appleではこうした状況でもiPhoneを継続して使用できるようにするため端末のパフォーマンスを落としてシャットダウンを未然に防ぐ機能があります。

この機能低下が適用されるとアプリの起動に時間がかかったり、画面が暗く感じたりカメラのフラッシュが使えなくなったりします。

こういった状態を確認できるのが設定にある「ピークパフォーマンス性能」の項目です。ここでバッテリーの劣化が見られる場合はテキストとして確認することができます。

自分でできる解決策

バッテリーの残量をパーセントで管理する

iPhoneのバッテリーの減りが早いと感じたときおすすめなのがバッテリーの容量をパーセントで表示することです。細かい単位で管理することができます。

ホーム画面から「設定」を選択→「バッテリー」→「バッテリー残量(%)」で設定することができます。

iPhoneをアップデートする

最新のiOSでは新たな節電機能などが追加されることがあります。これらを導入していくことで改善できる問題もあるでしょう。

その他細かい設定を変更する

iPhoneを普段使用する際にも気を付ける点はあります。

例えば画面の明るさを暗くする・現在地情報を切る・バッテリーの消費が多いアプリを止めるなど細かいですがこれらに気を付けて使用すると今までより長くiPhoneを使うことができるでしょう。

Appleのサポートに頼んでバッテリーを交換する

劣化した電池を元に戻すことは難しいでしょう。こうなった場合唯一の方法は修理に出すかバッテリーを交換してもらうかです。

しかし特別欠陥が見当たらない場合、Appleは無償でバッテリーを交換してくれません。劣化するほど長く使っている場合は欠陥には当たらないので有償で交換することになります。

こうなると高いお金を支払っての交換になります。安く済ませたいのならAppleではなく近くにあるようなリペアショップを利用することもできます。

しかしこの方法は必ずしもAppleと同じ基準で修理をしてくれるわけではないので出来や質に関してはお店によって異なります。

バッテリーの劣化を防ぐコツ

適切な温度を維持する

iPhoneは極端に高い温度や低い温度での使用は想定されていません。それはバッテリーでも例外ではなく、適切な環境で使用しないと劣化の原因になってしまいます。

特に夏の車内は50℃を超えることもあるので置いたままにしないことなど気を付ける点も多くあります。

iPhoneのカバー、ケースを外して充電する

充電中の端末に熱がたまってしまうと、バッテリーの劣化を招く原因になります。手帳型などのケースでは特に充電の際は取り外して充電することをお勧めします。

長期間保管する際は50%の状態で電源を切る

機種変更などで使わなくなったiPhoneを放置するだけでバッテリーが劣化してしまいます。この際、1番バッテリーの劣化を防ぐことができるのがiPhoneの充電が50%の状態で充電を切って保管することです。

iPhoneのバッテリーを100パーセントにして放置するとバッテリーの容量が失われてしまいます。また0パーセントの場合では充放電という状態になり、充電された状態を保てなくなってしまいます。

なので定期的に50パーセントの充電を保って保管し管理し続けることをおすすめします。

ノベルティラボなら簡単にモバイルバッテリーが作成できる!

このようにiPhoneのバッテリーにはこまめな充電や適切な管理が必要です、こういったときにモバイルバッテリーを携帯していると充電残量をいちいち気にする必要が減ります。

性能だけでは満足できない方や自分好みのデザインにこだわりたいという方にピッタリのものがありますよ!!

ノベルティラボならバッテリー容量と重量を自分に合わせたものにしたり、本格的なデザインを簡単に作り家族や友人と楽しむこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA