投稿日:

スマホリングの自作方法及び自作する際に利用すると便利なサービスについて

スマホの落下防止のために使われるのがスマホリング(別名バンカーリング)です。

そんなスマホリングは既製品を使う方法もありますが、世界にひとつだけのスマホリングを作ることも可能です。

ここではオリジナルデザインのスマホリングを作る方法を参考画像とともに解説していきます。

さらにオリジナルのスマホリングを簡単に作ることができるサービスなども紹介します。

スマホリング(バンカーリング)を自作する方法

スマホリングを自作する方法は使う素材などによって変わってきます。

使う材料もカラフルな板と輪だけを使ったシンプルなものから、紙粘土を使うことで個性的なスマホリングを作ることも可能です。

そこで参考画像とともにスマホリングの自作方法を3つ紹介します。

吸盤とリングで簡単に作ることができる

一番簡単にオリジナルのバンカーリングを作るのなら、100円ショップに売られている吸盤と金属製の輪を使うのがおすすめです。

作り方はまず初めに吸盤をスマホに吸着させます。

その後に吸盤の空気を抜くために強く抑える部分に指にはめる金属製の輪を取り付けます。

紙粘土を使って独創的なデザインにしよう

紙粘土にも様々な種類がありますが、スマホリングの作成で使う紙粘土の材質は樹脂製です。

樹脂製の紙粘土の場合最初は柔らかいですが、乾燥が進むにつれて硬度が増すのが特徴です。

その特性を生かして柔らかいうちに自由に整形を行い、乾燥した物をスマホに取り付けます。

こうすることで個性的なスマホリングができます。

簡単にお洒落なスマホリングを作るのならこれ

とにかく簡単でなおかつお洒落なスマホリングを作るなら、100円ショップなどに売られているカラフルなプレートを使うことをおすすめします。

このプレートをスマホ本体に取り付けそこに金属の輪を付けるだけで完成です。

スマホリング(バンカーリング)を自作するときのポイント

スマホリングを自作するうえで注意するべきポイントがいくつかあります。

ただやみくもに作るだけでは直ぐに壊れる可能性もあります。

最悪スマホが落下する場合もあるのでこのポイントをしっかりと意識して作ることが重要です。

強度の高いもので固定すること

スマホリングをスマホ本体に固定する方法を間違えると使用中にスマホが落下する可能性があります。

簡単に固定する方法としては両面テープを使うのが一般的です。

この時粘着力の高い両面テープを選ぶことが重要です。

完全に固定するならば接着剤が最適ですが、この方法を選択した場合はスマホリングを外すことが困難になります。

そのため用途に合わせて固定方法を選びましょう。

付ける場所を利き手側に寄せることでより使いやすくすることができる

自作したスマホリングを固定する場所はもちろんスマホの真ん中でもいいですが、できれば利き手側に寄せて固定することをお勧めします。

こうすることで長時間スマホを利用したとしても疲れにくく、なおかつ簡単にスマホリングを指に装着することができます。

事前にスマホの大きさを測っておくこと

スマホの機種によって、スマホリングを取り付けることが可能な場所の大きさは違ってきます。

そのためスマホリングの材料を買う前に、スマホの大きさを測っておくことが大事です。

こうすることでスマホリングが取り付けられないといった失敗のリスクを最小限にすることができます。

スマホリング(バンカーリング)を自作できるサービス10選

スマホリングをすべて一から自作することも可能ですが、専門のサービスを利用することでより高品質のスマホリングを作ることが可能になります。

そこでスマホリングを自作できるサービスを10個紹介していきます。

業者によって得意としている部分などが違ってくるので、その点をよく比較して依頼するように心がけましょう。

スマホラボは小ロットから作れる

業者によっては大量注文を絶対条件としているところもありますが、スマホラボでは小ロットでの受付も行っています。

そのため最低一つからでも作成することができます。

初めてスマホリングを作る際でも安心して依頼することができます。

初心者ならCanvath(キャンバス)がおすすめ

完成予想図の画像を送信するだけで作成してくれる点が魅力です。

その手軽さからスマホリングを作りたくなったら直ぐに依頼することができ、仕上がりまでの日数も短いです。

値段がリーズナブルな点も人気の理由です。

実績で選ぶならオリジナルプリント.jpが一番

実績重視の方に人気です。古くからアパレル業界に長年携わってきた実績があります。

その実績に裏付けされた確かな技術力により、商品の仕上がりは他には真似できないほどです。

そんな実績により多くの人から信頼を得ています。

高級志向なら藤井印刷

基本的に高級感のあるものを作ることで有名です。

使われる素材にもこだわっており、デザイン性も高いのが特徴です。

その仕上がりは落ち着きがありなおかつ質感も素晴らしいです。

そのため質感などをこだわりたい人に最適です。

可愛いものを作りたいのならスマートフォンケース.jpが有名

主にリボンやレースをあしらった物の作成を得意としている会社です。

特に若い女性から絶大な支持を集めているのが特徴です。

そのためはやりのデザインをいち早く取り入れています。

さらに6,000社以上と取引した実績もありその技術力は折り紙付きです。

手厚いサポートが魅力のオリジナルケースファクトリー(OCF)

作成後のサポートの手厚さに定評があります。

サポートが手厚いため万が一作成後にトラブルなどが発生した場合でも柔軟に対応してくれます。

特に初めてスマホリングを自作する人が選んでいます。

老舗を選ぶならUp-T(アップティー)

業界内でも歴史が古く、いわゆる老舗と呼ばれる会社です。

長年にわたって積み重ねられた技術力がふんだんに盛り込まれているその使い心地が多くのファンを生み出しています。

技術力が高いためこちらからの要望にもできる限り応じてくれます。

素早く作りたいのならピクシブファクトリーを選びましょう

最大の特徴は、最短2分でオリジナルのスマホリングを作れることです。

面倒な手続きなどが必要ないので、気軽に作りたい人に最適です。

素早く作れるからと言って品質が悪いなどの問題はなく、他と比較しても品質は高水準を維持しています。

機能性を重視するのならマイカバ!が一番

デザインこそシンプルですがその機能性は高いです。

ほかにはない使用者目線で考えられたデザインは多くのファンを魅了しています。

ですがシンプルなデザインを得意としているため、派手なデザインを好む人には向いていないです。

WEB上で簡単に作るならグッズラボ

グッズラボでは注文から発送まですべての工程がWEB上で完結することが魅力です。

自宅にいながら依頼することができる点が人気の理由です。

さらに注文の仕方もわかりやすく初めて利用する人でも簡単に依頼することが可能です。

スマホリング(バンカーリング)を自作してみよう!

スマホリングを自作することはさほど難しくありません。

いくつかの注意点をしっかりと守ることが重要です。

さらに手間をかけずに作りたいのなら専門の業者に依頼することもできます。

おすすめなのがノベルティラボです。

誰でも簡単に自作のスマホリングを作ることができ、価格もリーズナブルなので気軽に依頼することが可能です。

どのようなデザインでも柔軟に対応することが特徴です。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!
エディタで簡単♪今すぐデザインする!
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA