投稿日:

【販促担当者必見】「安い・簡単・名入れ」だけがノベルティじゃない!

企業が自社や商品などの宣伝を目的として作られることが多いノベルティは、感謝やお礼の気持ちを伝えるグッズとしても利用されています。

ノベルティを作る際は「安い」「簡単」「名入れ」が重要視されます。

しかし、消費者に必要とされないノベルティであれば、販促の目的を果たせないことにもなりかねません。

そこで、ノベルティ製作に必要なポイントをまとめてみました。

「安い・簡単・名入れ」だけのノベルティは『もったいない』

ノベルティは、自社名や商品を覚えてもらうことや、いかにインパクトを与えられるかも大事な要素です。

ノベルティには様々なアイテムが使われますが、せっかく配布するなら消費者に喜ばれるアイテムを選びたいものです。

しかし、実際は「安い・簡単・名入れ」だけのノベルティが多く、消費者に受け取ってもらえない、使ってもらえないノベルティが多いです。

無料で配布するものなので、配る側からすればコストがかからないものを選ぶのは大切ですが、消費者に好まれない物では逆効果になる場合もあります。

受け取っても使ってもらえない、受け取る事すら拒否されるアイテムでは、せっかくのノベルティが「もったいないノベルティ」になってしまいます。

そのため、販促効果を考えるなら、印象の良いアイテムを選ぶことが重要といえます。

生活の中で使用されることが多いアイテムなら、日常的に目にすることが多く宣伝効果にも有効です。

タオルなどの暮らしに役立つアイテムなら、もらうことにも抵抗がなく喜んで使ってもらえるでしょう。

ボールペンのように、長期に使うことができる文房具なども好まれるアイテムのひとつです。

長い間手元にあれば、自社名や商品名を目にする機会も多くなり覚えてもらえる可能性も高くなります。

もらっても邪魔にならないということも、受け取る側には好都合です。

今ノベルティに求められるものとは

消費者がノベルティに求めているのは「実用性」「デザイン性」「品質」と言われています。

実用性

ノベルティにおいて、年齢や性別を問わず人気が高いのは日常で使うことができる実用品です。

あまり使い道がないノベルティは、受け取ったとしても使わないまま捨てられるケースがあります。

ボールペンタオル、洗剤などが人気が高いノベルティです。

デザイン性

ノベルティはデザイン性も重視されます。

無料で配布されたとしても、デザイン性が低いものは使われないものです。

また、カラーやデザインは企業のイメージにも繋がるため非常に重要です。

手に取りやすいといった形状を含め、話題の商品や季節感のあるデザインなど、ターゲットの消費者が求めるデザインを見極めることも大切です。

品質

実用的であっても、品質が良くないものは消費者は使わない傾向があります。

エコバッグポーチなどは、日常で使えるもので喜ばれるアイテムですが、品質の低いものやカラーやデザインが良くないものだと使ってもらえないことが多いです。

無料で配布するノベルティであっても、販促効果を期待するならば品質にも気を配る必要があります。

【必見】ノベルティ制作で重視すべきポイント

実用的なものを選ぶ

ノベルティは実用的なものを選ぶと、受け取る側にも好印象で販促効果が高まることが期待されます。

ノベルティはオリジナリティーを出すことも大事なポイントです。

しかし、あまりにも個性的であると受け取る側に敬遠されてしまうことも考えられます。

自社や商品をアピールすることが目的ではありますが、実用品にオリジナリティーをプラスするという意識が必要でしょう。

オリジナルデザインで差別化

簡単で安いノベルティを作成する場合は、既製品にオリジナルデザインを施す方法があります。

他社と同じような既製品のノベルティを配布したとしても、名入れだけではないオリジナルのデザインがあれば差別化に繋がります。

受け取る側の目を引くことにもなりますし、印象も違ってくるでしょう。

また、その場所や企業でなければ手に入らないというのは、消費者にとって魅力的なことです。

差別化されたノベルティは、自社名や商品名をアピールし、購入する際の後押しの役割も担います。

受け取る側の目線に立つ

オリジナルデザインは自社や商品をアピールするのに有効ですが、アピールが強すぎると受け取る側に敬遠されがちです。

受け取る側の目線に立って、気軽に持ち歩いたり使ってもらえたりするものにする工夫が大事です。

既製品に名入れだけでないオリジナルのデザインをプラスするだけでも、オリジナリティあふれる演出が可能です。

愛着を持って使ってもらえるアイテムにするためにも、ノベルティにどのような効果を求めるのかを意識して制作しましょう。

ひと工夫で「もったいないノベルティ」から脱却しよう!

来店記念やアンケート記入のお礼など、ノベルティを配るシーンによってノベルティアイテムを考えると販促効果が出やすい傾向にあります。

年齢や性別などターゲットに合わせて、ノベルティを日用雑貨にするか文房具にするかなどを検討すると失敗しにくいでしょう。

消費者に目を向けたひと工夫で「もったいないノベルティ」から脱却しましょう。

ノベルティを強力な販促アイテムにしよう

ノベルティは、消費者に日常で使ってもらえたり便利だと思ってもらえたりすることで、自社や商品のアピールにもなり販促効果が高まります。

そのためには「もったいないノベルティ」のままでは上手くいかない可能性が大きくなります。

ノベルティラボでは気軽にオリジナルノベルティを作ることができます。

ノベルティラボで、ノベルティを強力な販促アイテムにしてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です