投稿日:

宣伝効果抜群!企業ノベルティの作り方と活用のコツ

企業ノベルティとは、企業が配布する企業名や商品名などを印刷してあるグッズのことです。

各企業が工夫してバラエティに富んだものをさまざま配布しており、商品やサービスの宣伝に高い効果を発揮しています。

身近なものでは、ボールペンやメモ帳、カレンダー、ティッシュやタオルなどが挙げられます。

ここでは、これから企業ノベルティを作成してみようといった方に向けてノベルティグッズのお役立ち情報を紹介します。

企業におけるノベルティの役割とは

消費者に商品やサービスを伝える

企業が優れた商品やサービスを提供していたとしても、消費者がこの事実を知らなければ企業に利益をもたらしません。

このため、消費者に情報を届けるプロモーションは非常に大切です。

この点ノベルティグッズは商品名やサービス名を印刷して配布できるため、プロモーションに有効です。

そして、ノベルティグッズを受け取ると消費者は自然と商品やサービスのことを認識してくれます。

日常使用するものであれば、その方が持っているノベルティグッズを家族や職場の同僚、友人などほかの方が目にする機会もあるでしょう。

こうして名前を覚えてもらうと買い物をする際に、自社の製品を選んでもらえる可能性も高まります

ブランディングと企業イメージ

ノベルティグッズはブランディング効果ももたらしてくれます。

ブランディング効果とは企業がブランドをを築いてこの価値によってもたらされる効果のことです。

ノベルティグッズを配布して、自社製品のブランドが消費者に浸透すると知名度が上がります。

ブランドの知名度が上がると、買い物やサービスの購入の場で有利に働きます。

商品やサービスの購入時にまったく聞いたことのないものよりも、少しでも記憶に残っているブランドのものほうが、選ばれる確率は高いです。

ブランドイメージが確立できれば、新しいものを買うときに「新製品はこの企業のものを買おう」といった消費者も出てくるでしょう。

さらに商品を購入して好印象を抱いてもらえると、企業にいいイメージを抱いてももらえます。

このように、ノベルティグッズのブランディング効果により企業のイメージアップも図れます。

あいさつに添えて

ノベルティグッズは来店時にお客様に配布したり、あいさつ回りをしたりするときなどにも配布できます。

ノベルティグッズには企業名や商品名、サービス名が印刷されているので、あいさつのときにより自社をアピールできます。

企業ノベルティの効果的な活用法を知る

イベント会場で配布する

ノベルティグッズは場所や用途時期に合わせて工夫すると高い効果を発揮できます。

ノベルティグッズの活用法として、その場ですぐに使えるものを配布するという方法があります。

例えば、イベント会場で企業名の入ったうちわを使用している方を見かけたことはありませんか。

会場では混雑が予想されるので、暑さ対策にうちわを配っています。

また資料が手渡されるイベント会場では、資料をいれられるトートバッグを配布する企業もあります。

新商品の案内や営業時にプレゼントする

新商品の案内などの営業をする際に、ノベルティグッズを使うとその場の緊張をほぐせます。

資料と一緒にノベルティグッズを手渡すと、場も和むことでしょう。

リラックスできるように遊びのごころのあるグッズ、かわいらしいもの、カラフルなグッズなどが選ばれています。

感謝の気持ちを込めて記念に配布する

ノベルティグッズはショップでの買い物、銀行口座開設など新規取引時に感謝の気持ちを込めて、記念に手渡されることも多いです。

新しいお客さまは年齢層、職種、ライフスタイルは多種多様です。

このため、タオル・グラスなど、誰しもが日常生活で使えるものが選ばれています。

変わったものでは、オリジナルの綿棒や絆創膏などを配布しているところもあります。

年末になると、お世話になった顧客にあいさつ回りをする方も多いことでしょう。

このときに来年もよろしくお願いしますという意を込めて、カレンダーやメモ帳を手渡すことも多くあります。

次の年に必ず必要になるものが人気です。

またサインボード付箋やメモれるクリアファイル、ペン立てなども選ばれています。

失敗しない企業ノベルティを作る3つのポイント

実用的なものを配布する

確かにノベルティグッズはオリジナリティのあふれるものを作成できます。

しかし、配布するノベルティグッズはなるべく実用的なものを選びましょう。

もらっても使えないものなら消費者も嬉しくありません。

使いづらいものならば、企業や商品に対してマイナスイメージを持つかもしれません。

別、年齢にかかわらず使用できるものを選ぶようにしましょう。

邪魔にならないよう気を付ける

ノベルティグッズは外出先で手渡されることが多いものです。

このため、受け取った方が携帯しづらいものは選択しないほうが賢明です。

外出中なのでその後の移動の際に携帯して邪魔にならないもの、さらに持ち帰った後も邪魔にならないノベルティグッズを選びましょう。

企業名のアピールはほどほどに

グッズに企業名、商品名、サービス名を印刷して配布できるのがノベルティグッズのストロングポイントです。

しかし、企業名が前面に押し出されていると使いづらいと感じる方が多いです。

せっかくのノベルティグッズも実用性が低く、携帯もしてもらえないものなら配布する意味がありません。

受け取る方のことも考えて、企業名のアピールはほどほどにしておきましょう

企業タイプ別!おすすめのノベルティグッズ

IT企業

IT企業のノベルティにはスマホ関連グッズがおすすめです。

スマホユーザーに必須ともいえるモバイルバッテリーなら、お客さまに喜ばれるでしょう。

配布すれば、外出時の補助バッテリーとして持ち歩いてもらえる可能性は高いです。

アパレル

アパレル業界ではバックポーチをノベルティグッズとして提供しています。

トートバッグ、ハンドバッグ、クラッチバック、化粧品をいれるポーチなどさまざまです。

普通の商品とかわらないクオリティのものばかりで、ノベルティグッズ目当てに商品を購入する方もいます。

企業の特色を生かしたノベルティ

一般的に文房具や日用品がノベルティグッズには選ばれることが多いです。

しかし、企業の業種に合ったノベルティグッズも選ばれています。

スーパーでは新規出店時にお買い物で利用できるようにと、トートバックを用いられることがあります。

スポーツ関連の企業ならゴルフボールやスポーツタオル、オペラグラスなどです。

機械、工業系の展示会やセミナーではドライバーセットが配られることもあります。

企業ノベルティで宣伝効果を高めよう!

ノベルティグッズは販売促進ツールとして数多くの企業に採用されています。

そして、ノベルティグッズ配布で最大限の宣伝効果を得るために慎重にノベルティグッズが選ばれています。

ノベルティラボでは、さまざまなノベルティグッズが製作できます。

みなさんもオリジナルのノベルティグッズを製作して、会社の売上アップを図りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です