投稿日:

【保存版】人気ノベルティを徹底調査!絶対に喜ばれるノベルティとは?

ノベルティとは、会社名やブランド名、商品の宣伝を目的として消費者に無料で配られるプレゼントのことです。比較的低予算で高い宣伝効果を得られるため、多くの会社ではノベルティをマーケティング手法の1つとして取り入れています。

とはいえ、消費者が好まないノベルティを配っても売り上げアップは狙えません。それどころか、会社のイメージダウンにつながる恐れさえあります。

そこで、ここでは絶対に喜ばれる人気ノベルティについてまとめました。

もう迷わない!人気ノベルティランキング

販売促進のために効果的なノベルティを考えるのは、簡単ではありません。
そのため、昔から配布しているノベルティをずっと続けているという会社も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはイマイチなノベルティも少なくないのが現状。もらっても嬉しくないノベルティを配ることは、経費の無駄でしかありません。

そのため、多くの人に喜んでもらえる人気のノベルティを作ることがとても大切です。
以下では、多くの人が喜んで受け取る人気ノベルティをみていきましょう。

絶対喜ばれるノベルティはこれだ!

ノベルティといってもその種類は多岐にわたりますが、せっかく配布するならより多くの人に喜んでほしいもの。

ここでは、絶対に喜ばれる人気ノベルティを5つご紹介します。

ボールペン

ノベルティの鉄板といえば、やはりボールペンです。絶対に失敗したくないのであれば、ボールペンを選んでおけばまず間違いはありません

ボールペンは誰でも仕事やプライベートで日常的に使用する上、何本あっても困らないものです。
さらに、目にする機会が多いため、宣伝効果も抜群だといえるでしょう。

エコバッグ

レジ袋を節約するために使用するエコバッグは、最近では持っているのが当たり前になってきました。

「ノベルティのバッグを使うのは人目が気になる」という人もいますが、エコバッグであれば他人の目はそれほど気にならないはず。

面積が広いため、会社イメージをアピールするデザインも考えやすいのではないでしょうか。

卓上カレンダー

年末年始に配布されるノベルティといえば、やはり卓上カレンダーです。卓上カレンダーは会社のカラーが出しやすく、デザインの幅が広がるのがメリットです。

また、机の上に1年間置いて使うため、宣伝効果は抜群。長期的な広告効果を考えれば、一番といっていいほど有効なアイテムだといえるでしょう。

クリアファイル

ボールペンと同様に実用性の高さで人気なのが、クリアファイルです。紙類を整理するときにはクリアファイルは欠かせず、職場でも家でも大活躍してくれます。

さらに、いくらあっても困らないのもクリアファイルの強みです。薄くてかさばらないため、使わずに捨てられてしまう可能性も低いといえます。

日用品

ノベルティというと真っ先に思い浮かぶのがボールペンやクリアファイルですが、それらに匹敵するほどの人気を誇るのが日用品。

具体的には、台所用洗剤や衣料用洗剤、デンタルケア用品、ラップ、クッキングペーパーなどが喜ばれるようです。

これらは消耗品であるため、使用中のものが少なくなっているタイミングで配ることができれば使ってもらえる可能性が高いといえます。

いらないと思うノベルティはどんなもの?

文房具や日用品などが多くの人に喜んでもらえる一方で、実はいらないと思われているノベルティも多く存在します。

ここでは、どのようなノベルティが敬遠されてしまうのかをみていきましょう。

実用性がない

いらないと思われてしまうノベルティの筆頭は、実用性が低いグッズです。
あまり使い道がないノベルティは、たとえ受け取ってもらえてもすぐにゴミ箱行き。

受け取った人の数と実際に使っている人との数に大きなギャップがあるため、期待した宣伝効果は得られない可能性が高くなります。

品質が低い

品質が低いノベルティも、実用性がないものと同様に好まれません。

例えばトートバッグやポーチは品質の良いものであれば喜ばれますが、作りがチープだったりデザインがイマイチだったりすると使ってもらえません。

無料配布するノベルティですが、売り上げアップにつなげるという目標を達成するためには最低限の品質は維持するべきだといえます。

ノベルティを選ぶときの注意点と外さないポイント

ノベルティを選ぶときの注意点は、やはり「実用性」と「品質」を重視するということです。

販売促進のためにマンネリ化しないノベルティを作るのは良いことですが、実用性と品質に問題があるノベルティでは消費者に喜んでもらえません

本来の目的につなげるためにも、相手側の気持ちに立ってノベルティを作るようにしてください。

もらって嬉しいノベルティを作ろう!

せっかくノベルティを作るのであれば、受け取った人にしっかりと使ってほしいもの。
そして、その結果として販売促進できればまさにwin-winです。

消費者のためにも会社のためにも、ノベルティは「もらって嬉しいかどうか」を基準に作るようにしましょう。

まとめ

ここでは、たくさんの人に喜んで使ってもらえる人気のノベルティをご紹介しました。
また、好まれにくいノベルティについても解説しました。

販売促進のためにこれからノベルティを製作するという場合は、ぜひこの記事の情報を参考にアイデアを練ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です