投稿日:

【必見】社会人の必須アイテム!男女別のおすすめしたい名刺入れの選び方!

社会人になって持たなければならないものに、「名刺」があります。
名刺交換時のマナーや名刺入れの選び方は、ビジネスを有利にするためのテクニックにもなるので、きちんと覚えることが大切です。名刺を渡す時のマナーや名刺入れは色んな人に見られています。

今回は、名刺交換時の基本マナーや男女別のおすすめしたい名刺入れの選び方を紹介しましょう。

そもそも名刺入れとは

名刺入れとは、名刺を入れておく入れ物です。
名刺入れは、ビジネスの場において名刺交換の際に利用される場合と、相手の名刺を保管する時に使用する場合があります。名刺には自分の様々な情報が記載されており、名刺を渡すことで自分のことを相手に知ってもらったり、相手がどんな人なのか素早く知ることができるでしょう。

名刺入れを使わない人もいるかもしれませんが、素敵な名刺入れを持っていれば顔を覚えてもらえるきっかけになりますし、名刺を出す時は名刺入れから出すのがマナーです。

名刺をポケットから出したり、折れ曲がった名刺を渡すと第一印象が悪くなり、仕事にも悪影響を及ぼす可能性があるので、名刺入れは必ず用意しましょう。

名刺交換時の基本マナー

名刺を切らさない

名刺を切らしたり、うっかり自宅に忘れてしまうと、相手に名刺を渡すことができません。
カバンやデスク、スーツのポケットには常に予備の名刺入れと名刺を用意しておくことが大切です。

名刺入れには、常に自分の名刺だけを入れるようにします
相手から貰った名刺は、持ち帰った後に名刺ホルダーや名刺リストに入れて整理しましょう。

目下の者から差し出す

基本的に名刺交換は目下の者から差し出すのがマナーとなっています。
ビジネスでは、「お仕事をいただく」「訪問者」の立場にある人です。

ただし、上司などが同行している場合は、自分より先に上司が名刺を交換するのがマナーなので注意しましょう。複数名で訪問する時は、その中で一番格上の人から順番に名刺を渡さないといけません。

名刺の渡し方

名刺を交換する時は、机を挟まずに行います
目の前に机がある場合は相手の方へ移動しましょう。
名刺を胸の高さで持ち、名刺の表面を向け、両手を使って渡します。

しかし、名刺を同時に交換する場合は、相手に片手で名刺を渡しても大丈夫です。
そして、一般的には訪問者が相手より下に名刺を差し出します。
そうすることで謙虚さをアピールすることができるのです。

相手の方が下から名刺を差し出した場合は、相手と同じ位置に調整して渡しましょう。

名刺の置き方

名刺を交換しても、すぐに名刺入れにしまってはいけません。
すぐに名刺をしまうと、「話したくない」という印象を相手に与えてしまいます。
打ち合わせなどがある場合、椅子に座った後にテーブルの上に名刺を置いておきましょう。

名刺は自分から見て左側に置くのがマナーです。
複数枚交換した場合は、相手の座席位置に沿って置くことで相手の名前と顔を覚えやすくなります。

女性向け!名刺入れの選び方

名刺入れはシーンに応じたカラーを選ぶ

女性の場合、男性よりも華やかで色味のある名刺入れを選ぶ傾向がありますが、赤や黄色は派手な上に攻撃的な印象を与えてしまいます。アパレル業界やパーティーの時には女性らしい印象を与える場合もありますが、ビジネスシーンでは落ち着いたカラーを選ぶのが無難です。

黒や焦げ茶色は男女問わず名刺入れの鉄板カラーですが、女性の場合は深みのある暗めの緑色や紺色が上品で女性らしいのでおすすめです。

ブランドものは気をつけよう

女性の名刺入れはブランドが多いですし、好きなブランドの名刺入れを持ち歩きたい女性も多いでしょう。
しかし、新人や若手社員の場合、取引先に華美な印象を与えてしまうこともあります。
目上の人やお客さんより高価な名刺入れを使っていると、失礼になることもあるので気をつけましょう。

できればブランドのロゴが目立つものや、一目で○○だとわかる有名なデザインは一般的な仕事には向いていないので避けましょう。
ブランドものの名刺入れを使う場合は、ブランド感が控えめなものが使いやすいです。

男性向け!名刺入れの選び方

無難な色を選ぶ

商談の場では、名刺交換した際に名刺入れをテーブルの上に置いておきます。
その時に派手過ぎる名刺入れや、どう見ても高級ブランドの名刺入れが置かれているとあまり印象が良くありません。新人や営業マンなら名刺入れは黒や焦げ茶色、濃紺などにしておきましょう。
基本は落ち着いた無難な色を選ぶことが大切です。

使いやすさで選ぶことが大切

名刺入れの中には、仕切りがなかったり、あまり多くの枚数が入らない名刺入れがあります。
仕切りがないと、色んな人の名刺が合わさって名刺を渡す時にごたつく可能性がありますし、収納できる枚数が少ないと、名刺を切らしてしまうことがあります。

名刺入れは30枚収納できることがベストとされているので、営業マンならばなるべく多く名刺が入れられる名刺入れや、ポケットが付いている名刺入れを活用しましょう。

名刺を多く収納したい場合は、奥行きが広い「通しマチ」、名刺交換を頻繁に行わない人は奥行きが狭い「笹マチ」がおすすめです。

自分に合った名刺入れを選ぼう!

自分に合ってない名刺入れを使っていると相手に好印象を持ってもらうことが難しくなってしまうので、名刺入れは自分に合ったものを選びましょう。

ノベルティラボでは、好きな写真、自分で作ったデザインなどを使って簡単にオリジナル名刺入れを1個から作成することができますデザインエディタを使えば、名刺入れ以外のたくさんのオリジナルグッズを作成できるので、気になる方は利用してみてください。

エディタで簡単♪今すぐデザインする!

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA