投稿日:

【必見】絶対に喜ばれるノベルティタオルを知ろう!失敗しない選び方のコツ

起業や商品などの宣伝を目的として作られる様々なグッズであるノベルティグッズは、ただやみくもに作ればよいというわけではありません。

ポイントをつかんで作っていかなければ、その効果をうまく発揮できないでしょう。

ノベルティグッズとしてタオルを作る際にも、いくつかのポイントがあります。
ここではそのノベルティタオルに関するポイントを紹介していきます。

ノベルティタオルのメリット・デメリット5つ

ノベルティグッズには、これを作らなければならないという決まりはありません。

しかし、どのようなものを作ったとしても、同じような効果が期待できるかといえばそうではありません。

作成するグッズの種類によって、ノベルティグッズの目的を効率的に果たしてくれるかどうかは異なります。

代表的なノベルティグッズであるノベルティタオルのメリット・デメリットを紹介します。

ノベルティタオルのメリット

製造コストが安い

ノベルティタオルには様々なメリットがあります。

まず、低コストで自由なデザインで作成することができるという点です。

ノベルティグッズの目的は、販促宣伝であることがほとんどであり、多額のコストをかけることもできますが、できるならば低コストでおさえたいものです。

タオルをノベルティグッズにしたときにかかる作業は、無地のタオルにオリジナルデザインを染料で印刷するだけです。

デザインも細部までこだわることができ、製造コストを抑えることができるという点でノベルティタオルはメリットが大きいです。

実用性が高い

また、ノベルティタオルは実用性が高いという点でもメリットが大きいアイテムです。

ノベルティグッズをもらう人の多くは、実用性を求めています。

日常的に使用できる役立つアイテムでなければ受け取るメリットがありません。

そのため、ペンやメモ帳などを選ぶのですが、これらはストックとしてしまわれてしまう可能性もあります。

その点、ノベルティタオルは、実用性が高いうえ、すぐ使用される可能性が高いアイテムです。

これらの点がノベルティタオルのメリットです。

目立ちやすい

さらに、ノベルティタオルは目立ちやすいという点もメリットです。

ノベルティタオルといっても様々な種類がありますが、いずれも様々なシーンで使用しやすいものです。

大きくロゴが印刷されたタオルは、使用するたびに目について、大きな宣伝効果をもたらすでしょう。

特にマフラータオルはカバンに入れたり肩にかけたりといった目立つように使用されることが多いです。

ノベルティグッズとしての役割を十分に果たしてくれるという点がノベルティタオルのメリットです。

このほか、タオルは非常に軽く、かさばりません。

ノベルティグッズとして配布する際に、大量の持ち運びがしやすいといったメリットもあります。

ノベルティタオルのデメリット

消耗品である

ノベルティタオルはメリットが大きいですが、デメリットもなくはありません。

そのひとつが、消耗品であるということです。

タオルは日常的に使うものであり、長く使い続けることができるものではありません。

よりコストを落として作成したとなったならば、プリントも色落ちしやすく、生地も頑丈でないのですぐに使えなくなるでしょう。

長い期間の宣伝を期待することができない点がデメリットです。

使用されない場合がある

また、デザインによっては使用されないこともあります。

屋外で使用するタオルのデザインにこだわりを持つ人もいて、そのような人は企業ロゴが目立つタオルを使わない可能性も高いです。

よほどデザイン性を工夫しなければ使用されないこともあり、販促効果を期待できない可能性があることがデメリットです。

喜ばれるノベルティタオルを作る3つのポイント

利用シーンを意識して作る

ノベルティタオルは使い勝手が良いものではありますが、何も考えずにただ作成して配布しても、効率的な宣伝とはなりません。

ノベルティタオルを作る際には、どのようなシーンで利用されるものかを理解して作ることが重要です。

ハンドタオルならば普段使いされるでしょうが、バスタオルならば屋外へと持ち運ばれる可能性は低いでしょう。

夏の暑い時期に配布するのならば、ハンドタオルマフラータオルなどといったものの方が喜ばれます。

どのようなときに配布し、どのようなシーンで利用されるのかを意識して作成・配布すると、喜ばれるでしょう。

デザインを考える

ノベルティタオルの目的は、商品宣伝・促販・企業PRといったものです。

しかし、企業のロゴを大々的にプリントしたデザインのノベルティタオルを、屋外の人の目につく場所で使用したいと考える人は多くありません。

屋外で使ってもらいたいと考えるのならば、デザイン性を考慮しつつも、企業ロゴをアピールできるデザインを考えなければなりません。

デザインの優れたノベルティタオルは、もらった側も喜び、よく使用されることになるので、作成時には十分考えて作ることが重要です。

質を落とさない

ノベルティタオルの目的が宣伝であったとしても、タオルとしての使い心地が悪ければ、喜ばれることはないでしょう。

使用したり、選択したりした際に、色落ちがしてしまうようなタオルは喜ばれることはありません。

すぐに廃棄される可能性もあります。

さわり心地がよく、デザイン性も優れているノベルティタオルならば、喜ばれ、使い続けてもらえます。

シーン別!ノベルティにおすすめのタオル3選

ノベルティタオルは、ただ作って配れば良いわけではありません。

配布するシーンによって選ぶべきタオルが異なります。

それでは、シーン別におすすめなタオルの選び方についてみていきましょう。

記念品

ノベルティタオルを、企業の記念行事の際に配布することがあります。

これらのノベルティグッズは、販促効果よりも記念品としての側面が強いです。

そのため、消耗品として作成するのではなく、長く持ち続けてもらえるようなタオルを作成することがポイントとなります。

デザインにこだわり、大判のバスタオルや質の良いハンカチなどを作成するとよいでしょう。

販促

販促品として、周囲の人々に配布することを目的としているのならば、使いやすいタオルを作成することがポイントです。

できるだけ多くの人の目につくようにすることが販促には重要となるので、日常的に使いやすく、かつロゴが目立つようにしなければなりません。

受け取りやすさを重視して、ハンドタオルハンカチサイズがおすすめです。

イベント

イベント時のノベルティタオルは、配布もすれば自社従業員が使用することもあります。

チームでおそろいのタオルを使用することによって団結力の強化を目指します。

チームに関連のあるデザインと使い勝手の良さをこだわることがポイントです。

フェイスタオルスポーツタオルがおすすめされます。

喜ばれるノベルティタオルを作ろう!

ノベルティタオルは、実用性も高く、コストを低くおさえることができるという点で非常にメリットの大きいグッズです。

様々な活用シーンがあり、デザインと実用性を意識してこだわりを持って作成することが求められます。

ノベルティラボでは、デザインを用意するだけで誰でも簡単にノベルティタオルを作成することができます。

ノベルティラボで、何が目的となるかをしっかりと意識して、手に取った人に喜ばれる有効的なノベルティタオルを作ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です