投稿日:

「なんでもいい」はNG!もらって嬉しいノベルティグッズの作り方と活用法

企業やお店のアピールに、また日頃の感謝をお客様に伝えるのに効果的なのがノベルティです。

しかし、ノベルティならなんでもいいというわけではありません。場合によっては、せっかくコストをかけて作ったノベルティが逆効果になってしまうこともあります。

今回はノベルティグッズを作る際に注意したいポイントや、効果的な作り方をご紹介します。

ノベルティを作る目的とその効果とは?

ノベルティとは、企業が自分の会社やその商品を宣伝するために顧客に配るグッズのことを指します。

顧客やその周りの人が何度もノベルティを目にすることで、商品名や企業名を覚えてもらうことができるため、広告のような役割を果たしてくれます。

また、ノベルティグッズの評判が良ければ、ノベルティ目的で商品を購入するというケースもあります。

実際にオークションサイトでも、レアなノベルティグッズが高値で取引されていることがあり、既に商品やその会社を利用している顧客へのアピールとしても効果は抜群です。

他には、お店の周年行事として、普段から利用してくれている顧客への感謝の気持ちを込めてノベルティグッズを作成することもあります。お店のさらなる好感度アップへ繋がることでしょう。

このように、ノベルティグッズの作成には多様な目的と効果があります。

ノベルティのメリットとデメリット

ノベルティグッズの作成におけるメリットとデメリットですが、メリットについては上記で挙げた通り、沢山の効果的な使い方があります。

しかし、デメリットももちろんあります。
何と言っても、コストが大きくかかることです。制作するものの内容にもよりますが、宣伝費としては、チラシを作成して配布するのに比べたら、大きなコストがかかってしまいます。

しかも、ノベルティグッズの内容や配布時期を間違えてしまうと、思ったような効果が得られず、結果として赤字だけが残ってしまうことになりかねません。

さらに内容によっては企業や商品のイメージを下げてしまうこともあります。

そうならないために、どのようなことに気をつけてノベルティを作成すれば良いのか、以下でご紹介します。

【必見】もらって嬉しいノベルティとは?

もらって嬉しいノベルティとして第一に挙げられるのが、実用的なグッズです。

顧客の年齢や性別に左右されにくいため、幅広いターゲットに向けて配布する場合に効果的です。

例えばクリアファイルやボールペンタオルやカイロなどの身の回りのもの。

ティッシュや洗剤などの生活消耗品であれば、無くなった後には捨てられてしまいますが、まさに実用的な役立つものをもらえたということで、好感度アップに繋がることは間違いありません。

一方で、もらっても使い道がなく困るというようなノベルティは、企業や商品のイメージダウンに繋がってしまうため、注意が必要です。

喜ばれるノベルティを作るためのポイント

もらって嬉しいノベルティを選ぶポイントとしては、まずは「渡すタイミング」「目的」「どのような客層に向けたものなのかを一番に考える」ということが挙げられます。

例えば、宣伝を目的として、沢山の人に商品を知ってもらいたい場合は、多数を配布できるような手軽なものを作る必要があります。

一方、既にその会社や商品を知っている顧客に向けて、さらなるイメージアップや購買に繋げたい場合は、その企業イメージにあった個性的な商品を作るとさらなる差別化に繋がります。

また、いくつかの種類を作ることで、コレクション性のあるノベルティとなり、ノベルティ自体の価値を上げることができます。

次に気をつけたいポイントとしては、企業名をあまり大きく印刷しすぎないことです。
宣伝が目的とはいえ、あまりに大きく印刷されてしまっては、顧客が使いづらいということもあるので、デザインを考える際には十分に注意してください。

他には品質も重要なポイントです。もらったノベルティの品質が悪ければ、イメージダウンに繋がってしまいます
とはいえ限られた予算の中でノベルティを考えなければいけませんよね。

人は「普段自分が使っているものよりも少し高品質のもの」をもらえると、嬉しいという気持ちが倍増します。

例えば、予算の都合で低品質のものを作らざるを得ない場合は、思い切って商品を身近なものへ変更し、高クオリティーで作成しましょう。
そちらの方が、好感度アップに繋がりやすく、ノベルティの効果が高まります。

オリジナルノベルティで差別化しよう

ノベルティの一番の特徴は、その会社や商品のオリジナルグッズであるため、その他の場所では絶対に手に入らないということです。

その商品に深く関わりのあるものだったり、特別なデザインだったりと、オリジナリティを大切にしたいですよね。

また、同じような他社の商品が売り場に並ぶ中で、購入に対する最後の一押しとして大きな役割を果たします。

同分野の会社がどのようなものを作成しているのかもしっかりとリサーチし、オリジナリティあふれるノベルティを作成しましょう。

まとめ

ノベルティグッズは、その企業や商品の個性をアピールできる大きなチャンスです。

企業が作りたいものではなく、「顧客が嬉しいと思うかどうか」という点に着目すれば、おのずとどのような商品が良いのか見えてくるはずです。

もらって嬉しいと思ってもらえるよう、上記のポイントに気をつけて、素敵なノベルティグッズを作成してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です